VS抜け毛

抜け毛と徹底的に戦います

ボタニカルシャンプーの抜け毛予防効果に迫る!

無添加で頭皮に優しいと評判のボタニカルシャンプーには、抜け毛を予防する効果があると言われています。しかしすべてのボタニカルシャンプーに同様の効果があるわけではなく、中には薄毛を促進させてしまうリスクのある製品も存在します。

そこで今回は、ボタニカルシャンプーの持つ抜け毛予防効果や失敗しない製品の選び方、また正しい洗髪方法についてご紹介します。

ボタニカルシャンプーって?オーガニックシャンプーとの違い

ボタニカルには「植物の~」という意味があります。つまり、ボタニカルシャンプーは「植物由来の成分が配合されたシャンプー」となります。同じような製品にオーガニックシャンプーがありますね。こちらは有機栽培され、オーガニック認定を受けている植物のみが使用された無添加シャンプーのことを指します。

明確な基準が設けられているオーガニックと比べ、ボタニカルは使われる植物自体の製法は問わないという違いがあります。それでも植物由来の天然成分が配合されたシャンプーであることは共通していますね。

抜け毛の予防に繋がるって本当?

ボタニカルシャンプーは肌に優しい弱酸性であるため、皮脂を過剰に洗い落とさず、適切な頭皮環境へと導いてくれます。また、洗浄力がマイルドなので頭皮への刺激が少なく、乾燥を引き起こすリスクも抑えられるでしょう。

さらにボタニカルシャンプーは、抜け毛を予防する効果も期待できます。というのも配合されている植物成分には、髪にハリやコシを与えるタンパク質やアミノ酸、さらには潤い成分などが豊富に含まれています。これらが頭皮に作用し、太くて健康的な髪の毛への生え変わりを促してくれるのです。

頭皮に悪いボタニカルシャンプーがある?

注意しなければいけないのは、ボタニカルシャンプーのすべてが頭皮に良いというわけではないことです。安価なボタニカルシャンプーには、頭皮や髪に悪影響を与える化学成分が含まれたものも出回っています。

長期にわたって使用していると頭皮や髪へダメージが蓄積され、抜け毛が増えてしまう原因にもなりかねません。ボタニカルシャンプーを選ぶ時は、植物成分のほかに化学成分も含まれていないかをチェックするよう意識しましょう。

洗浄力の強い化学成分は避けた方が無難

ボタニカルシャンプーの多くは洗浄力がマイルドで低刺激です。しかし中には強い洗浄成分が配合された、頭皮に危険なシャンプーも存在しています。刺激が強いシャンプーを使っていると、頭皮や髪が傷ついて抜け毛が増えてしまう恐れがあります。

特に気をつけるべき成分が、「ラウレス硫酸ナトリウム」と「ラウリル硫酸ナトリウム」です。これらは石油由来の界面活性剤で、強い洗浄力が特徴です。泡立ちが良く、低コストで生産できることから安価なボタニカルシャンプーに配合されるケースが目立ちます。

一度や二度使ったくらいでは問題ありませんが、シャンプーは毎日のように使うものです。できれば化学成分の含まれたボタニカルシャンプーは避けるべきでしょう。

価格が安いものに多く含まれる傾向にあるので、やや高めのシャンプーを選ぶことをおすすめします。

こんなボタニカルシャンプーには気をつけて!

ボタニカルシャンプーにはシリコンが含まれたものと、ノンシリコンがあります。シリコンはコーティング剤の一種で、髪の毛にツヤを出す効果があります。一方で洗い残しをすると頭皮の毛穴が塞がってしまい、抜け毛の原因となるリスクもあります。

より頭皮と髪に優しいボタニカルシャンプーを選ぶのであれば、シリコンフリーを優先しましょう。また、シャンプーの中には合成着色料が配合された製品もあります。合成着色料も界面活性剤と同じく石油由来であり、頭皮を傷める原因となります。

場合によっては炎症が起きる可能性もあるため、合成着色料フリーのシャンプーを選ぶようにしてください。

髪のボリュームが減ってきたら早めに対策

抜け毛予防の効果が期待できるボタニカルシャンプーですが、一方で発毛効果はほとんどありません。一般的な育毛シャンプーのように、薄毛を克服する目的で使うものではないことを理解しておきましょう。ボタニカルシャンプーはあくまでも抜け毛を減らすことに効果のあるシャンプーなので、髪の毛が薄くなったと感じたら早めに使用を開始することをおすすめします。

薄毛になってから使っても遅いので、早めの行動が重要です。

鉄分不足が引き起こす女性の抜け毛

正しいボタニカルシャンプーの仕方

いくら頭皮に優しいボタニカルシャンプーを使っても、誤った洗髪のやり方をしていては意味がありません。シャンプーの効果を引き出すためにも、正しい洗髪を行うことが大切です。まずシャンプーをつける前に、髪の毛を軽くブラッシングします。

これである程度のホコリや汚れを除去することができます。次にお湯のみで頭皮を洗ってください。汚れが落とせるだけでなく、シャンプーが泡立ちやすくなります。シャンプーは頭皮に直接つけず、必ず手にとって泡立てるようにしましょう。

泡立ったら頭皮に満遍なくつけて、指の腹で入念に揉み洗いを行ってください。この時に強く擦らないことがポイントです。痒みがなくなったらお湯で洗い流します。シャンプーが残ってしまうと抜け毛の原因となるため、時間をかけてしっかりと洗浄しましょう。

シリコンフリーのボタニカルシャンプーを使っている場合、洗い上がりに髪がきしむことがあります。そんな時はコンディショナーやトリートメントで髪に潤いを与えてください。滑らかで手触りの良い髪に仕上げることができます。

コンディショナーやトリートメントは髪の根本ではなく、毛先につけるようにします。そしてすすぎも十分に行い、頭皮や髪に残らないよう注意しましょう。シャンプー後は自然乾燥ではなく、きちんとドライヤーで乾かします。

最初にタオルドライをしておくと、ドライヤー時に短時間で乾きやすくなります。また、ドライヤーを左右に動かしながら当てるのも効果的です。ボタニカルシャンプーの効果は正しい洗髪を行ってこそ得られるものです。誤った方法で髪を洗っていた人は、今日から改めてみましょう。

抜け毛に効く手のツボはどこ?

男女関係なく使える!

天然成分が配合されたボタニカルシャンプーには美容効果もあるため、女性が広告塔になっているケースが多く見られます。しかし決して女性専用のシャンプーではなく、男性の頭皮ケアにも十分な力を発揮してくれます。髪の毛に蓄積したダメージを回復したり、頭皮環境を改善して抜け毛を予防するなど、ボタニカルシャンプーは男女それぞれが持つ髪の悩みを解決に導いてくれるでしょう。